足の冷え性の原因とその対策について

スポンサーリンク

足の冷え性は多くの女性が抱える悩みです。
秋冬といった寒い時期に関係なく、夏でも足の冷えが生じることも多くあります。
足の冷え性の原因として考えられるのが、自律神経の働きのバランスが崩れているケースが多いようです。
足の冷え性がひどい場合は、単に足が冷えるだけでなく、夜の睡眠が十分にとれなかったり、体全体の調子が悪いなど、さまざまなトラブルを抱えていることが多くあります。


先ほども述べたように足の冷え性の悩みが女性が多いのには、体の特徴の違いがあるためです。
女性は皮下脂肪が全体的に多く、この皮下脂肪は熱伝導がよくないため、十分に体が温まらず、冷えの症状を訴えることが多いという見解があります。
女性は体の中心部が熱を持っていたとしても、その熱が皮下脂肪によって皮膚表面にまで伝達しにくい状態であるためです。

スポンサーリンク

また、ストレスも足の冷え性につながるといわれています。
精神的や身体的なストレスは自律神経のバランスを崩し、交感神経・副交感神経の働きがうまく機能しないようになります。
ストレスが過多の状態になると、交感神経が高まり、交感神経が過敏な人では、皮膚の温度がすぐに下がることで、足の冷えを感じます。
なので、足の冷えにはストレスも天敵なのです。


以上のように、足の冷え性の原因にはさまざまな理由があげられましたが、これらを対策するためには、まずストレス過多の状態にしないこと、そして筋肉質を増やし、熱伝導の状況をよくすることが考えられます。
足を温めることで足の冷え性を一時的に回避することも可能ですが、やはり体の内側から原因のあるものなので、内側から守っていくような対策が必要なのではないでしょうか。

スポンサーリンク