「男性の冷え性は手足ではあまり感じません」

スポンサーリンク

冷え症は女性に多いと思われてきましたが、近年では男性でも悩んでいる人が多いようで健康の大敵です。
しかし、女性に比べると手や足に冷えを感じることはあまりありません。
冷え性や低体温は万病の元とも言われ、全身の機能が落ち、自律神経の不調、肩こり、頭痛、腰痛、不眠、肌荒れ、下痢などが起こります。
20代〜40代の男性の約6割が体の冷えに悩んでいるという調査結果もあります。


若い男性に多いのは、体全体が低体温になり自覚しにくいケースで内臓が冷えると全身の機能が落ちます。
若くても風邪をひきやすくなったり、昼間でも元気が出ない、夜間よく眠れないなどの影響が出てきます。
働き盛りの男性は、オフィス生活による運動不足やストレスが冷えの原因になりやすいのです。
ストレスを抱えた状態では、自律神経の反応が鈍く、寒さを感じなくなります。

スポンサーリンク

冷えを放っておくと、肌荒れ、下痢、風邪などの不調が起き、免疫機能が落ちて様々な病気の引き金となります。
若いうちは、運動不足による筋力の低下、ストレス、自律神経の乱れ、服装などが原因で低体温になることがよくあります。
男性の冷え性は内臓で進行しており、手足などの表に現れることは稀です。
自律神経の乱れにより腎臓や肝臓、副腎に影響が出ます。


冷え性対策は、夜更かし型の生活を改め、深酒を控え、運動や厚着をして体を温め、食事に唐辛子や生姜を取り入れたり、冷たい食べ物や飲み物、甘い食べ物の食べ過ぎを控え、無理なダイエットなどはしないことが大事です。
また、血流を悪くする服装や薄着はせずに、出来る限り温かい食べ物を食べ、温かい飲み物を飲み、ぬるめのお風呂にゆっくり浸かり、タバコを控え、バランスの取れた食事でミネラルやビタミンを補給することが重要です。

スポンサーリンク