朝食で冷え性を解消しよう

スポンサーリンク

女性の多くの方は、冷え性に悩まされています。
その原因の一つとして、朝食を抜いていることがあげられます。
抜いてしまう理由として、時間的な余裕がない、作る暇がない、ダイエットのためといったことがあげられているようです。
しかし抜くことは、百害あって一利なしといわれるくらいに、わたしたちの体にとって欠かせないことなのです。


朝食を食べることは、体を内側からあたためてくれる働きをしてくれます。
日常生活での体温は、起きたばかりの早朝が最低となり、朝の食事後に急激に上昇し、夕刻前に最高になった後に下降するという形で変動していきます。
ですから、朝食は代謝を高め、体温を上昇させるという意味からとくに重要です。
なかにはコーヒー、紅茶などの熱い飲み物を飲むだけという人もいますが、一時 
しのぎにしかならず、冷えを押さえることにはならないのです。

スポンサーリンク

そして女性によくあるフルーツやヨーグルトのみの朝食も避けてください。
このような食事は、体を冷やすだけだからです。
ヨーグルトは余分な水分があり、冷たい食べ物です。
冷えた食べ物は胃腸の働きを大きく損ね、血流の流れを滞らせてしまいます。
他にもバナナ単品の朝食も、避けましょう。
バナナは南国のフルーツで、からだを冷やす性質を持っているからです。


これらは、体温の高い日中に食べるとよいでしょう。
毎朝の食事は規則的に、温かく消化のよい飲食物を摂取することが大切です。
おすすめの食事は、味噌汁とご飯が理想的です。
体をぽかぽかにしてくれます。
参考にしてください。

スポンサーリンク