ホットヨガで冷え性を解消

スポンサーリンク

体が温まっているのに、手の先や足のつま先といった末端部が暖まった感じが無くいつまでも冷たい感じが続いてしまうのが「冷え性」という症状です。
冷え性を侮っていると、様々な不安要素が体調に出てきてしまうことになってしまいます。
以前よりいろんな対策グッズがでていたり食事や運動で冷え性を解消するために苦労している方は多いです。


冷え性になる原因としては、食事や普段の生活態度から血の巡りが悪くなって、末端にまで血流が行き渡らなくなってしまったり、外気の温度とエアコンの設定温度が必要以上に違うことで体がうまく温度変化に対応できなくなったことで自律神経が機能し難くなったりしたこと等が原因となります。
これに対する方法は、色々ありますが、その墓のひとつに運動で解消するものがあります。

スポンサーリンク

ひとえに運動といっても色々ありますが、効果的なもののひとつにホットヨガがあります。
39度前後の室温でヨガを行うことによって、筋肉の筋を効率よく伸ばすことが出来るだけではなく、発汗を促し体の基礎代謝の改善をすることが出来、それによって冷え性などを改善や老廃物を出すことによるデトックス効果があるのがホットヨガです。


色々と効果のあるホットヨガですが、正しい方法で行わないと効果が現れないだけではなく、かえって症状がひどくなりかねないということもありますので気を付けなければいけません。
ホットヨガの最中の大量の発汗により、脱水症状や軽い熱中症などが原因で頭痛がしたりすることがありますので、こまめに水分は取るようにしてください。
そのほかにも注意しなければいけないこともありますので、インストラクターの方の説明をきちんと聞くようにしてください。

スポンサーリンク