冷え性の改善に足湯が良いわけ

スポンサーリンク

冷え性の改善に足湯が良いと言われています。
手足の先は、細かい血管が行きわたり、血液の流れが悪くなることがあります。
とくに、年齢を重ねることによって体を動かす機会が減れば、体温調節が出来にくくなり冷え性となることがあります。
この場合、足湯につかり温めることによって体温が上がり冷え性の改善となることがあります。


温泉地などで足湯に浸かる観光客の姿を良く見かけますが、健康器具でも同じ効果があるものが売られていて、40℃程度の温度のお湯に足を入れて、そのお湯の中で足裏のツボを刺激する機能や泡で足を刺激する機能が付いているものもあります。
何もせずにただ、じっと足を浸しているだけで良いため楽な改善方法であると言えます。

スポンサーリンク

足湯に浸かると、足首から先の末梢血管が柔軟になり、血液が温められることで血流が良くなり、その温められた血液が心臓に到達すると、ポンプの役割をしている心臓は再び、体の各器官や手足の末端まで暖かくなった血液を運び、体全体が温まるという効果が得られ、結果として冷え性の改善に繋がります。
足元を直接温めることと体全体を暖めるという2重の効果があります。


冷え性改善に効果がある足湯ですが、一つだけ気を付けたい点があります。
足を湯に浸して15分程度の時間が経過すると体温が上がることにより、発汗することがあります。
発汗により血液中の水分が奪われることで、血液の流れが悪くなることがあります。
長時間続けて、たくさんの水分が血液中から奪われることにより、心臓のポンプ機能に負担がかかり、心筋梗塞などが懸念されることがあります。
必ず適度な水分補給を忘れないように心がけましょう。

スポンサーリンク