冷え性改善の治療に漢方

スポンサーリンク

暖かい季節になっても、体が冷えるという冷え性の人のなかには、こうした暖かい季節でも手足の先が冷たいと訴える人というものがいるものです。
私自身も、こうした症状に年中悩まされていたのです。
冷え性といいましても、いろいろな対策が講じられているのですが、一般的には厚手の靴下を履く、カイロをするといった、対症療法として対策がほとんどです。


しかし、対症療法だけでは私の冷え性は解決しませんでしたので、こうした症状には、やはり原因というものから考えることにしたのです。
冷え性の原因というのは、基本的には血流の悪さから発生してきます。
体に熱を運んでいるのは、血液が循環することによって熱が運搬されています。
したがって、血液循環の改善こそが最も大切な方法になります。

スポンサーリンク

では、どのようにして血液循環を良くするのかというと、基本的には代謝をよくするということが大切になるのです。
代謝を良くするにはいくつかの方法がありますが、私自身は運動が決して苦手ではありませんし、ある程度継続して運動をしていたので、筋力以外の方法を考えることにしました。
そこで、私が注目したのは漢方薬による治療でした。


漢方専門の薬局に行ったところ、まず私にいくつかの質問項目の書いたものを手渡されました。
その質問に全て答えて、私の体質というものをチェックされたのです。
その上で、出してもらった漢方薬というのは、生姜の成分の入ったもので、これが代謝を良くすると説明してくれました。
それから私は毎日この漢方薬を飲んだところ、手足がこれまでよりも温かく感じられるようになりました。

スポンサーリンク