男性の冷え性改善 はじめの一歩

スポンサーリンク

寒い冬だけでなく、夏でも過度な冷房によって冷え性に悩まされる人が増えています。
冷え性になると免疫力が低下することで風邪をひきやすくなったり、肌荒れや下痢、頭痛や肩こりといった体調不良を引き起こします。
また手足が冷たくて寝つきが悪くなり睡眠不足になりやすく疲れが抜けにくいというように、日々の生活に支障が出てきてしまいます。


冷え性になりやすい体質として、胃腸が弱いため食べ物からの栄養を摂りにくい、やせ型体型や運動不足のため筋肉量が少なく基礎代謝が低い事が原因で筋肉が十分な熱を生産できない、自律神経の乱れが原因で血行不良になりがちなために筋肉等が作った熱を体のすみずみまで行き渡らせる事ができないといったことが挙げられます。

スポンサーリンク

女性は筋肉量が少ないといった元々の体の構造や体質、また無理なダイエットなどが原因として挙げられます。
症状は手足の冷えを自覚する人が多いようです。
一方男性は不規則な生活や食生活の乱れ、ストレスなどが原因として挙げられます。
症状はおなかが冷える事から始まりそこを温めようとおなかに体の熱が集中して末端まで熱が行き届かず手足が冷えるというように、内臓から始まるのでなかなか自覚しにくいようです。


冷え性を改善するためには体を温め血行を良くすることです。
湯たんぽやカイロなどで二の腕を温めます。
二の腕は熱があまり生産されないために冷えやすい場所です。
また太もも・おしり・腰・おなかを温めます。
これらの場所は元々筋肉量が多いため筋肉の熱の生産を助けることになります。
運動や食生活の改善の前にそもそも体が冷えたままでは筋肉や胃腸は十分に働きません。
基本的なことですが体を温めることは冷え性改善の第一歩といえるでしょう。

スポンサーリンク