半身浴で自宅でできる冷え性改善

スポンサーリンク

冷え性に悩む方は非常に多く、最近ではエアコンによる冷え性に悩む男性の方も多く見受けられるようになりました。
中には自己流で改善を図る方も多く、そこでここでは自宅で簡単にできる冷え性改善方法として、入浴時の半身浴の方法についてご紹介します。
半身浴はこの改善以外にも、後に述べるような副作用的な良い効果がたくさんあります。


冷え性の大きな原因の一つに、身体の末端部分の血流の悪化が挙げられます。
このため血流をよくするため半身浴を行うのです。
まず湯船のお湯の量は湯船に座った時に、みぞおちの下にお湯がくるように設定します。
お湯の温度はややぬるめの40度に設定します。
このお湯の中に額から汗が出るまで20分以上、お湯につかります。
みぞおちから上はお湯から出すようにします。

スポンサーリンク

この目的は身体の芯まで温めることにより血流を良くし、発汗作用を促すことです。
そのため汗をかくだけのために、熱い風呂に入ることは、身体の芯まで温まる前に、湯船から出てしまうので、効果的ではありません。
また汗が出にくい場合もありますので、このような時は、大さじ2杯程度の塩をお湯に入れると、発汗作用が高まります。
長く繰り返すと塩がなくても比較的早い時間で汗が出るようになります。


こうして額から汗が出るようになる頃には身体の芯から暖まっています。
これを繰り返すことで改善が徐々に見られるようになるでしょう。
また半身浴はその他の面でも効果があると述べましたが、それはぬるめのお湯にゆったり浸かることによる疲労回復とストレスの低減効果です。
この効果は就寝時の寝付きも良くする効果もありますので、半身浴は冷え性以外の改善にも役立ちます。

スポンサーリンク