食べ物による冷え性改善方法

スポンサーリンク

冷え性とは、手や足等が、常に冷たいという状態のことです。
体全体ではなく、部分的に冷たいという場合もあります。
冷え性により、眠る時になかなか眠れなかったり、頭痛や肩こりが起こってしまうこともあります。
お腹が冷えてしまい、腹痛や下痢が起こる場合もあります。
女性の場合ですと、生理不順になることもあります。


冷え性は、さまざまなことが原因で起こります。
冷え性の原因として挙げられるのが、自律神経の乱れや、年齢やストレス等が原因で起こるホルモンバランスの乱れ等です。
他にも、運動不足等が理由になることもあります。
女性の場合、女性ホルモンが関係したり、ミニスカート等のファッションが冷え性につながることもあります。

スポンサーリンク

冷え性は、改善することができます。
冷え性改善方法はいくつかありますが、食事により改善することもできます。
ごぼうやニンジン、生姜や桃等、体を温めたり、血をサラサラにする効果のある食べ物は、冷え性の対策として効果を発揮します。
逆に、体を冷やしてしまったり、血をドロドロにしてしまう食べ物は控えた方が良いでしょう。


食事による方法以外にも、半身浴等、お風呂の入り方でも冷え性は改善できます。
首を暖めるのも冷え性には効果がありますので、マフラーやストール等で首を冷えから守りましょう。
お腹の冷えには腹巻きが効果的です。
また、足を冷えから守ることも大切です。
足を暖める効果がある靴下が販売されていますので、そういった靴下を利用するとより効果的です。
このように、冷え性はさまざまな対策で改善することができます。
自分が行える方法で、体を冷えから守りましょう。

スポンサーリンク