冷え性の改善にはカイロをどこに貼るか

スポンサーリンク

だんだん夏が近づいてくると、世間は薄着になっていきます。
そのような中でも、冷え性らしき方々は「長袖長ズボン、素足なんてもってのほか」なんて生活を送っていらっしゃると思います。
私の友人にもそんな女子がいまして、夏でも絶対にホットドリンクだし、長袖常に持参だし、汗もあまりかかないみたいです。
彼女、長年不妊治療を行っていて、体質改善にも前向きです。


体質改善といえば、食事療法から運動療法からいろいろとありますが、冷え性の場合はまず「温める」ことですよね。
冬場に必需品の「使い捨てカイロ」、冷え性がひどい方は夏も欠かせないと言います。
私も以前、生理痛がひどい時代には汗かきながらカイロ貼ってました。
外が暑いから本当は不快なんですけど、カイロを貼ると痛みが和らぎました。

スポンサーリンク

カイロはどのように使えば冷え性の改善に役立つのでしょうか。
まず思い出したのが、「風邪ひき始めのゾクゾクとした寒気には首の後ろの骨の出っ張りを温める」ということです。
これは私は今でも実践していて、そのせいか翌日には治ってしまいます。
あとは、仙骨付近に貼るのも有効と聞きました。
仙骨付近には骨髄もあるにで、温めると確かによさそうです。


また、女性限定になってしまいますが、小さい貼るカイロを下着のパンツの股の部分に貼る(当然、表側からですよ〜)のもネットのクチコミで良いと見たことがあります。
「ヨモギパット」という韓国のヨモギ蒸しを簡易にできる生理用ナプキンのようなものがあるのですが、その代用のような物です。
生理痛が軽くなるとか、冷え症が治ったというクチコミがありました。
悩んでいる方は試してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク