漢方薬で冷え性の改善

スポンサーリンク

皆さんの中で冷え症に悩まされている人はいますか。
どんなにがんばってもなかなか改善されず悩んでいる人は、体質改善を目的として、漢方薬を服用してみてはどうでしょうか。
この薬は、比較的穏やかに効いてきて副作用も少ないために服用しやすいでしょう。
しかし、勘違いしてはいけないのは、冷え性を治す薬というものはそもそもありません。


漢方薬はあくまでも、体質を改善して治療を促すものだということを忘れないでください。
冷え症の症状や個人の体調によって、漢方薬の処方内容は変わってきます。
漢方薬は体質改善のお薬なので、同じ冷え性でも体質が違えばお薬も当然違ってきます。
ですから自分に合ってないものを間違って選ぶと、効果が無いばかりか逆に害になることもあります。

スポンサーリンク

自分にぴったり合う薬を探すには試行錯誤が要ると思いますし、比較的治療に時間がかかるかもしれません。
ですから、漢方薬に興味がある方は、自分で勝手に購入せずに内科や婦人科で処方してくれるところもありますので、お電話で処方が可能か聞かれてから病院に行かれるとよいでしょう。
または漢方専門薬局に相談される事をおすすめします。


薬の服用の方法は、一般的に、食間、また食前に飲みます。
食間とは、食事中ではなく食事後2、3時間後のことです。
そして、空腹時に飲むのがより効果的です。
また、薬により1日の量が異なってきます。
だいたい7、5gを1日2、3回に分けて服用することが多いです。
参考にしてください。

スポンサーリンク