冷え性をお風呂で改善

スポンサーリンク

冷え性は更年期女性の半数に発現されるといわれています。
最近では、更年期だけではなく、女性ホルモンの分泌が不安定な思春期にも多くみられるとされています。
データによると女性がほとんどとされているが、近年では男性による冷え性も報告されています。
筋肉量の多いか少ないかということで男性にもみられる症状だともいえます。


改善方法としては、着るものを変えたりマッサージによって治すやり方もあり様々です。
日常生活を少し工夫することで、よりよい方向へ進むことも可能です。
一番身近なところは、お風呂です。
実は低温長時間浴が一番効果的です。
体が冷えてしまったときには、ついつい熱いお湯に入りがちですが、これはかえって逆効果になってしまいます。

スポンサーリンク

高温でのお湯が逆効果の理由は、長く湯船につかれないほかにも、体の内部まで温まらないからです。
低温長時間浴でもっとも人気なのは、半身浴です。
上半身までつからずに、冷えやすい下半身を集中的に温めることで、滞っていた血液を全身にまで広げてくれる効果があります。
入浴回数も一日に数回おこなうと、さらに効果もあがります。


他にも改善する入浴方法として、温冷浴があります。
熱いお湯に半身浴でつかった後、湯船から出て手や足に冷水をかける入浴方法です。
これを数回繰り返すことで高温と低温の刺激から、血管がひろがったり縮んだりを繰り返し、血行促進の効果があります。
このように日常生活に少し工夫をすることで、冷え性を少しでも軽減することが可能です。
日々継続し、繰り返しおこなえば体質改善にもつながります。

スポンサーリンク