冷え性は食事で改善しよう

スポンサーリンク

みなさまの中にも冷え性にお困りの方は少なくないかと思います。
数多くの対策グッズが売られていますが、一時的な効果のものに頼らず普段の食事で体を内側から改善できていければ、よりベターですよね。
今までの食生活を見直し、冷えを改善出来る方法にはどのようなものがあるでしょうか。
ぽかぽか温かな快適な生活を送りましょう。


やはり体を温めるものの代表としてまず、しょうがが挙げられます。
自分ですりおろし、レモンとはちみつを加えて紅茶に入れれば、とても温まります。
すりおろすのが面倒な方は、チューブ入りのすりおろししょうがを使ってもよいでしょう。
入れ過ぎると刺激が強いですので、慣れないうちは加減したりはちみつを多めに入れると飲みやすくなります。

スポンサーリンク

また、温めることばかり目が行きがちですが、「体を冷やさない」ことも大事です。
健康ブームで「水分を沢山摂取するように」という風潮があるかと思いますが、体温より低い温度の水分を摂ると体を冷やしてしまいます。
もちろん、それなら熱々のお茶を沢山飲めば、良いかと言うともちろん体に負担をかけますので、程々にしましょう。


一見体温を上げそうなとうがらしやカレーなどのスパイス料理は、一時的には体温を上昇させるものの、発汗によってその後体温を下げてしまいます。
インドなど暑い地域での食べ物なことを考えると納得が行くのではないでしょうか。
シチューやとろみをもった食べ物のほうが、体を温めてくれます。
寒い地域や国の食べ物に知恵が隠されているのではないでしょうか。

スポンサーリンク