冷え性の改善につぼを刺激してみませんか

スポンサーリンク

冷え性とは、手足や下半身に冷えを感じたり、そのような体質のことをいいます。
女性特有のものだと考えられてきましたが、今では男性にも多いのです。
また、体や手足が冷えることによって、肩こりや腰痛、寝付きが悪い、寝起きが悪い、不眠などの症状を引き起こすことを言います。
冷えは血行を阻害するとされており、動脈硬化には大敵なのです。


東洋医学では、冷えは万病のもとといわれております。
体の活動力や元気のもとの衰えが冷えを招くとされています。
東洋医学では、体内を「気」「血」「水」が循環していると考えられており、このバランスが乱れることによって、体に不調が出るとされています。
西洋医学では、冷え性というものはなく、自律神経失調症と捉えられています。

スポンサーリンク

体の不調を改善するために、東洋医学では「つぼ」を刺激します。
肩こりや腰痛などの身体の不調は、つぼに痛みやくすみとなって現れます。
そこで、そのツボを直接刺激することによって、不調を取り除くアプローチを行い、「気」「血」「水」のバランスを整えるのです。
つぼを刺激する方法は、指圧や鍼、お灸など様々な方法があります。


冷えを改善するつぼにアプローチするには、まずは自分の冷えのタイプを知り、それに対応した部分にアプローチします。
体全体が冷える人には「三陰交」を、エアコンが苦手な人は「太渓」を、胃腸が冷える人にはおなかにある「中院」を、といった具合に、冷えを改善するために、自分にあった方法を探すことができるのです。
冷え性の改善に、つぼを刺激してみませんか。

スポンサーリンク