冷え性は何科を受診すればいいのか

スポンサーリンク

冷え性とは主に手足、特に末端が冷たく感じ、時には痛みを感じるほどになる症状の事です。
血行障害、特に末梢血管の血流が悪くなったりする事で起こります。
男性女性問わず起こり得る症状ではあるものの、圧倒的に女性に多い症状です。
それ自体に問題は無くても、冷えは万病の元とも言われる様に冷えは身体の様々な不調の原因になりうるものです。


何故男性よりも女性に多い症状なのかと言うと、一般的に女性は男性よりも皮下脂肪が多く血流の多い筋肉が少ない事が原因とされています。
脂肪が多いと、脂肪は一度冷えると温まりにくい性質を持っているためだと言われています。
また、無理なダイエットによる栄養失調や自律神経のバランスが崩れる事も原因の一つとされています。

スポンサーリンク

冷え性を改善するにはバランスの良い食事や適度な有酸素運動を行う事が大切です。
しかし、それでも改善されない頑固な冷えは医療機関の受診も効果的です。
冷えで病院と言っても何科を受診すれば良いのかわからないものです。
具体的にどの科と言うのは難しいのですが、内科や女性の方なら婦人科に行く事が一般的とされています。


医療機関では特に漢方薬を処方してくれる内科や婦人科を受診する事が望ましいです。
漢方薬というと高いイメージもありますが、保険が効きますので医療機関でなら安価に漢方薬の処方を受ける事が出来ます。
その際、日々の生活での注意しなければいけない点や、食事などの指導を受けるとなお効果的です。
漢方で体質改善する事で冷えの改善に繋がります。

スポンサーリンク