冷え性の原因は腸にあります

スポンサーリンク

冷え性の原因と腸の関係は大きいです。
体を動かすエネルギー元となる条件として食事による栄養の摂取が重要となります。
毎日の食事から十分な栄養を摂り、胃で消化された食べ物が、小腸へと周り多くの栄養素を吸収し、大腸へと運ばれそこでは多くの水分が吸収されます。
水分が吸収された後、正常に排泄されることで新陳代謝を活発にします。


すべての栄養は手足の指先の末端に至るまで血液によって運ばれます。
食事を摂取することで、摂取した糖分をはじめとする多くの栄養分はエネルギーとして変換され、大腸で多くの水分を吸収することで多くのエネルギーをスムーズに指先にまで運ぶこととなります。
血液の流れが良くなることで体温が上がりますので冷え性の解消となるのです。

スポンサーリンク

冷え性の原因は腸の働きと大きく関係しており、朝起きた時に肌寒さを感じるのに血液の流れが悪くなっていることがあります。
その後、朝食を食べて体を動かすと腸で摂取した食事が消化され、多くの栄養や水分が吸収されることで、エネルギーとして変換され、食事後に体温が上がってくるということがあります。
このことからも冷え性と腸の関係が大きいと言えます。


消化された食物が適正に排泄に回ることによって、新たな栄養を受け入れるという繰り返しとなり、新陳代謝を高め血流が良くなり、冷え性の予防にもつながるのですが、便秘がちとなり排泄がスムーズでなくなることで血液の流れが悪くなるため、便秘と冷え性の関係性もあると言えます。
このことから、冷え性の原因は腸と大きく関わり合いをもっているということが言えます。

スポンサーリンク