生理前の冷え性を軽減しよう

スポンサーリンク

生理が近くなると腰がだるい、下腹部の鈍い痛み、下痢や冷え性、頭痛、吐き気など少なからず不快な症状に悩まされている女性は多いと思います。
この生理前に出てくる不快な症状を「月経前症候群」と言うそうです。
凄そうな名前ですね。
そんな不快な症状にもちゃんとした理由があるのです。
その理由を知って対策をたてる事で少しでも症状が軽減されるといいですね。


女性ホルモンによって作られる生理のリズムですが、生理前になると急激に黄体ホルモンの分泌量が増えます。
そして生理が始まると一気に減ります。
これによって自律神経のバランスが崩れてしまうのです。
この自律神経の乱れによってイライラや怒りっぽくなる、頭痛や吐き気などの不快な症状が出てくるのです。
その中でも冷え性に悩まされている女性は多いのではないでしょうか。

スポンサーリンク

生理前から始まる冷え性の原因は幾つかあります。
生理が近くなると女性の体は水分を溜め込みやすくなります。
体に水分が溜まると冷え性の原因にもなります。
また生理前になると、イライラする、怒りっぽくなるというのは自律神経の乱れによるものですが、副交感神経が優位になると血管を縮める働きをするため、血液の循環が悪くなり冷え性になるのです。
さらに下痢や生理によって血液が外に排出されることによっても体の熱が奪われてしまい冷えの原因となります。


このような症状を少しでも緩和するためには、夏の冷房や冬の外気から体を守るようなアイテムを用意する事です。
血液の循環をよくするためには、程よい運動で汗をかく事がお薦めです。
散歩やウォーキングなどがいいですね。
また冷たい物の摂り過ぎは血行を悪くしてしまうので、暖かい飲み物や白湯、温野菜を摂るように気をつけることも大切です。
このように少し気をつける事で、症状が軽減されるといいですね。

スポンサーリンク