手が冷たいなどの冷え性改善

スポンサーリンク

自分が冷え性であると自覚したのはいつからであったか記憶にないのですが、若いときからという場合もあるし、中年になってからという場合もあるように思います。
まず、冷え性は血行の悪さが原因です。
原因が薄着などの衣類の影響かもしれません。
冷える食品や飲み物を多く摂取していることも考えらるので、夏でも冷たいものの飲みすぎはよくありません。


物理的環境として冷える場所に長時間いることによるかもしれません。
あるいは、日々の生活が運動不足であるかもしれません。
末端が冷えると言う人には、足先だけが冷たいという人もいれば、手が冷たいという人もいます。
症状はさまざまですが、温かい靴下をはけば症状は改善します。
手袋をはめれば指先が冷たくてかじかむ症状は消えます。

スポンサーリンク

しかし、手も足もそういう防具類に覆われていると外気の適応力が減り軟弱になります。
ますます寒さに弱くなるのも事実です。
ではどうしたらいいのかというと、強制的に温めるという方法が一つあります。
それはお風呂です。
特に腰湯です。
太腿には太い動脈があるので、腰湯でそこを温めることで全身の血行が大変良くなります。


しかし、これは持続的とは言えません。
お風呂上りはぽかぽかしていても、だんだん冷えてきます。
いわゆる湯冷め状態で、手足も冷たくなってきます。
もっとも冷えに効果的な事は運動をすることです。
末端へ血液を送るポンプの役割を果たしている筋肉を強制的に動かすことで、血行をよくする方法です。
手が冷たい人はグーパーする動きだけでもしだいに指先への血行はよくなり温かくなってきます。

スポンサーリンク