冷え性を改善して、つわり知らずのマタニティライフを

スポンサーリンク

待望の赤ちゃんが宿っても、つわりがひどく、苦しい毎日を送っているという方がいます。
そんな方は、体が冷えていないか、確認してみて下さい。
冷え性とつわりは、密接に関係しています。
妊娠期は、体温が高くなるため、ついつい薄着をしてしまいがちです。
靴下を履かず、素足にサンダルという方は、体が冷え切ってしまっているはずです。


体が冷えると、リンパの流れや血流が悪くなり、毒素がたまります。
毒素がお腹の赤ちゃんにいかないように、お母さんがつわりを起こして毒素を発散させているといわれています。
特に、首や手首、足首、お腹などを冷やすと、冷えが全身に影響してきます。
靴下や腹帯などを身につけ、暑い日はスカーフなどで体を冷やさないことが肝心です。

スポンサーリンク

また、冷たいアイスクリームや冷えた飲料水なども、体を冷やす要因となっています。
出来るだけ暖かい飲むものや常温のものを口にするように心がけましょう。
クーラーのなかった時代には、暑い夏の日でも飲むお茶は急須でいれた温かいものだったそうです。
体が必要以上に冷えないよう、自然に生活の中で取り入れていたのです。


また、トマトやキュウリ、スイカなど、体を冷やすとされる食べ物は控えたほうがよいようです。
根菜やわかめなど、体を暖める食材は、冷えによって起こる便秘改善にも効果があります。
温かいお茶にショウガなどをすって飲んでも、体が温まります。
妊娠中は、赤ちゃんと一心同体でいられる貴重なひとときです。
つらいつわりを少しでも改善し、幸せなマタニティライフを過ごしませんか。

スポンサーリンク