男性の末端冷え性について

スポンサーリンク

一般的に女性に冷え性は多いものですが、少なからず男性の冷え性も存在しています。
特に男性の場合は運動不足や栄養不足等、体の不摂生における場合も多く、意識して問題点を改善することにより冷え性を抑制する事も可能です。
特に、末端冷え性は心肺機能の低下による可能性が高い症状でもあります。
ここでは、どういった要因で冷え性になりやすいのか解説していきます。


まずは、運動不足です。
心肺がエンジンとすれば、筋肉は配管です。
それが弱まると、指先などの毛細血管に血液が行き渡らなくなります。
そうなるとその場所に熱が発生しにくくなり、冷えると言うわけです。
改善点としては、ジョギングなどで心肺の機能を強めることで、血流が末端まで行き渡るようになります。
筋肉が増えれば、血液を流れ込ませる配管が太くなり大量の酸素を燃焼できるようになります。
こういった対処が有効です。

スポンサーリンク

栄養不足も一因となる場合があります。
血液中の老廃物や活性酸素などの有害物質が溜まると、血液の流れが悪くなります。
抗酸化作用のある要素を摂取することによりそれらは取り除かれます。
結果、血流がスムーズになることにより体内の新陳代謝が活発になり体が温まりやすくなります。
抗酸化物質には水に溶け込み作用するビタミンC、脂に溶け込み作用するビタミンE、セサミン等がありますので、あわせて取り込むとより効果的です。


これらの対策のように、体の調子を整えるだけで、冷え性は改善される場合も多い症状です。
特に末端の冷え性は、指先が冷えて毛細血管が先細ってしまい、血液が届かない場合がほとんどです。
だからこそ、先細った血管をむりやり拡張する心肺のパワーと、筋肉による熱量の生産が最も効果があるもののうちの一つであります。
男性なら、体を鍛えただけ成果が出やすいので更におすすめです。

スポンサーリンク