内臓冷え性の症状には温まる食べ物と運動

スポンサーリンク

冷え症という症状に悩んでいる人は多いのですが、対策もたくさんあり実践している人もいるのです。
冷え症の中で「内臓冷え性」というのがあります。
手や足などに冷えを感じるのが冷え症ですが、手や足に冷えを感じていなく内臓が冷えてしまっている状態を言います。
そして身体の内部だけ冷えているので、外の部分で汗ばんでいることもあるのです。


内臓が冷えてしま困るのは、風邪もひきやすくなり便秘や下痢を起こしやすくなるということです。
人間の身体というのは、寒くなってくると血管を小さくして、血流を少なくし始めます。
そして、そのぶん温かい血液を内臓に集めるようにするのが、人間の身体の機能なのです。
体質によるものや、不摂生による食生活なども関係しているのです。

スポンサーリンク

不摂生やストレスなどが強く影響してくると、体温調節がうまく出来なくなり、手足の血管が小さくならずに熱が外に放出する事になります。
その結果、大切な内臓に血液が行かなくなり「内臓冷え性」という状態になってくるのです。
そのおかげで、なぜか手足は温かいのに身体の内が冷たいということになってきてしまうのです。


内臓冷え性になると、身体の全体の免疫力が低下をし始めるので、風邪をひきやすくなりアレルギー反応を起こしてくるのです。
対策としては、身体を温めることが大切になりますので、食事を気をつけるといいのです。
温かいスープを飲んだり生姜や唐辛子などの薬味やカプサイシン成分を積極的に取るといいのです。
ゆっくりとした運動も効果的で身体の内部から温めます。

スポンサーリンク